FC2ブログ
不良会社員の「剛は柔を破壊する」戯言
2007年09月10日 (月) | 編集 |
詳しくはこちら

日テレが頑張って煽ってましたが、ラグビーW杯が開幕しました。
報道で結果は知っていると思いますが、日本の初戦は厳しい結果に。
相手が悪いっちゃそれまでなんですけど、にしても厳しい。
日本と他国との身体能力の差はしょうがないですが、それを埋める努力を彼らなりに頑張ってるとは思います。
それが前半のディフェンスに垣間見えました。
ただ、今回はそれが足りなかったのか、後半はパッタリ足が止まっちゃいましたけど。

ラグビーをちょっとかじった程度ですけど、ラグビーほど残酷に実力差が出るスポーツが無いと思います。
もう、実力差が如実に現れるというか、運とか奇跡とかがほとんど起こりえないというか。
まぁ、実力差が均衡しているんであれば、そういう運や奇跡が最終的な差になるんですけど、実力差がある場合ってほぼ実力通りの結果になるっていうか。
運とかに頼るような一発大逆転もありませんしね。
たまに大波乱とか起きますけど、それは「偶然」ではなく「必然」。
だから、自分達がやればやっただけの結果が如実に返ってくるスポーツ、それがラグビーだと思っていますし、そこら辺が他のスポーツには無いラグビーの魅力でもあるのかなと。
そういう点を頭の片隅に入れて、今回のラグビーW杯だけでなく、トップリーグや大学ラグビー、高校ラグビーを見て興味を持ってもらえればいいなと。

にしても、さりげなく応援しているフランスが開幕戦を落としたのはショック・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック