不良会社員の「剛は柔を破壊する」戯言
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年08月22日 (月) | 編集 |
04kotobuki.jpg

沢内甚句 / NeoBallad


誕生日が過ぎ去り、夏の高校野球決勝も終わり、リオオリンピックもそろそろ終わるこんな時間に更新です。

誕生日について、色々な方々からお祝いの言葉を頂きました。
見てないと思いますが、この場を借りて御礼申し上げます。
3回目の年男です。
年男ということで、ちょっと挑戦していることがあります。
6月ぐらいのブログで書いていたやつですね。
8月20日にようやく半分ぐらい成し遂げました。
あと半分が終わり、全てを報告できるのは10月ぐらいでしょうか。
たいした話ではないので別に今書いてもいいのですが、なんとなく勿体ぶってみます。

リオオリンピックや夏の高校野球が開幕して、家のテレビはずっとNHKつけっぱでしたね。
地上波とBS、あまつさえはネット中継も見ちゃう。
やっぱスポーツ中継は本気を出したNHKには勝てないですね。
日テレアナウンサーのポエム実況に批判が殺到してるようですが、だから民放のスポーツ中継って嫌なんですよね。
受信料払っててよかったです。

さてこの「沢内甚句」。
ほとんどの方は知らないと思いますが、岩手県の民謡です。
中学生ぐらいにテレビ岩手が作成したこのドラマで故・夏八木勲さんが唄っているのを聴いて、無性に心に響いたのを覚えています。
以来、自分の中で岩手県民謡といえば「さんさ時雨」でも「南部牛追唄」でも「チャグチャグ馬コ」でもなく、「沢内甚句」になっております。
それをこんな感じでアレンジしているユニットがあるなんてねぇ、びっくりです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。