不良会社員の「剛は柔を破壊する」戯言
2011年03月29日 (火) | 編集 |
今朝のパワープレイでも書いたように、今月もDDT見てきました。
先月の感想はすっぽかしちゃいましたね。
そんな先月の感想も、昨日の興行で全部すっ飛んでいきました。
ホントに凄かった。
あの発想は無かったね。
他の団体も見習ってほしいけど、多分DDTならではなんだろうなぁ。
細かい結果はここを参照してもらうとして、簡単な感想を。
ちなみに、上記リンクの3枚目の写真のどっかに俺が写ってます。
わかるかな?

さて、開幕前はこんな感じ。

2011-03-27 11.46.17

いつもよりも照明が暗いです。
そして、節電のためスクリーンが使えないので、全て暗幕で。
そして、開幕。
まずは全選手で黙祷。

2011-03-27 12.02.08

んで、いつもはスクリーンで対戦カードを発表するところですが、今回は生で対戦カード発表。
この演出がカッコ良かったなぁ。
これは普段の興行でもやったらいいんじゃないかと。

この後、災害時の避難方法について説明。

2011-03-27 12.04.11

震度5の地震があった場合、興行は中止になるそうです。
この前の全日の両国ではこういう説明が一切無かったらしいので、DDTはちゃんとしてるんですね。

<第1試合 佐藤光留、タノムサク鳥羽、美月凛音vs内藤恒仁、平田一喜、彰人>
2011-03-27 12.13.37

微笑みのU戦士、内藤さん登場。
俺が初めて見た10周年記念興行以来ですね。
って、何気に4年もDDTを見続けているのか・・・。
すっかりハマっちゃったもんです。
コーナー待機中にちゃんとトップロープを持ってるあたり、レトロだなぁ。
まだまだ動けていたので、これで終わるのは勿体無い。

<第2試合 MIKAMI、ロホ・デル・ソルvs蛇我井満也、毒蝮三四郎 with ポイズン澤田JULIE with ナオミ・スーザン>
2011-03-27 12.28.03  2011-03-27 12.31.30

煽りVが使えないので、リング上で生コント、じゃなくて生煽りV。
ロホさん、やっぱマイク上手いですね。
まぁ、中の人がもともとマイク上手いですし。
そして、スーザンの衣装がけしからんね。
バルコニー席発狂。
んで、大社長はやっぱり大人気ない。
最近DDTが小綺麗になったのって、大社長がいなくなったからじゃね?

<第3試合 HARASHIMAvsアントーニオ本多>
2011-03-27 12.41.56

ディックさんに負けた2人の対決。
何か思うとこあるなぁ。
アントンももう立派なレスラーになりましたな。
れっどましーん様に言わせると小綺麗になるのかもしれませんが。

<第4試合 ボブ・ゲーム開幕戦 男色ディーノvsジョナサン・グレシャム>
2011-03-27 12.59.43

ボブ・サップからの刺客、ジョナサン・グレシャム。
見た目の小ささの胡散臭さからみんな笑ってましたけど、その数分後には歓声に変わってました。
何でも、CZWの人らしいですね。
男色先生のプロレスにあそこまで対応できる外国人って凄いです。
レギュラー参戦希望。
てか、久々に正調・男色先生の試合を見た気が。

<第5試合 次期KO-D無差別級選手権挑戦者決定+いつでもどこでも挑戦権×2争奪バトルロイヤル>
2011-03-27 13.50.20

いつでもどこでも→蒼馬様、GENTAROが獲得
次期挑戦権→石川が獲得。
うーん。
こういうバトルロイヤルっていつものバラエティ枠になりがちなんですけど、今回はあんまりバラエティ感無かったなぁ。
それもこれも蒼馬様のせいかなぁ。
プロレス好きだってのは分かるし自分なりにヒールを演じようとしてるのも分かるんだけどねぇ。
誰か、ヒールとしてのあり方や凶器の使い方を教えた方が。
そして、この結果でメインの結果が分からなくなる。

<メイン KO-D無差別級選手権試合 ディック東郷vs飯伏幸太>
2011-03-27 14.14.31

いや~・・・、この試合は凄すぎた。
36分経ったようには感じませんでしたね。
とりあえず、飯伏の動きが常人離れしすぎ。
それに呼応したかのようにディックさんの動きもキレキレ。
どっちが勝ってもおかしくはなかった。
この試合はできれば映像で見てもらいたいもんです。

そして、エンディング。
松野さんも出てきてみんなで歌って大団円。

2011-03-27 15.07.28

松野さん、去年よりも調子が良さそうで何より。
そして、今回の興行はホント年内ベスト興行でした。
状況が状況だからだったのかもしれませんが、盛り上がったもんなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック