不良会社員の「剛は柔を破壊する」戯言
2009年12月21日 (月) | 編集 |
7月22日、ある訃報が日本全国を駆け巡りました。

「元thee michelle gun elephant、アベフトシさん急逝」

あまりにも突然だったので、普通に目を疑いました。
いやいやいや、アベってまだ40ちょいだし、そう簡単に死ぬわけねぇべ。
きっと、ヤホーがガセネタをつかまされたんだよ、と。
しかし、公式HPにアベフトシ死亡の報が正式にリリースされたことで、ようやく現実であることを認識したわけで。
この日のその後の記憶はもうよく覚えてません。
学生時代の友達から

「アベフトシが亡くなってしまいましたね。僕らの青春時代を支えてきたスターが去っていきますね」

とメールが来て、号泣してたような。
学生時代、友達とthee michelle gun elephantのCDを聴きまくったり、バッカみたいにカラオケで歌ってたので、愛着があるというか、ホントに好きでした。
カラオケをthee michelle gun elephantしばりにしたり、当時発売されたライブVHS「WORLD PSYCHO BLUES」に倣い、一番最後に歌う曲は必ず「CISCO」の絶叫で〆たり。
ただ、社会人になってから、周りにthee michelle gun elephantのことを大好きな人が激減してしまったため、thee michelle gun elephantについても語れず、カラオケでthee michelle gun elephantの歌も歌えず悶々とした日々を送っておりました。
そんななかで、今回の訃報。
The Birthdayが正直聴くに堪えないので、thee michelle gun elephant再結成を期待していたのですがそれも叶わず。
一生thee michelle gun elephantのライブを体感することができないと思っておりました。

そこへ1つの知らせが。
アベフトシ追悼プロジェクト「FOREVER MICHELLE -Final works of rockin' blues-」の1つとして、あの伝説の2003年10月11日の幕張での解散ライブをライブハウスで爆音で上映するというもの。
まぁ、よくあるフィルムツアーです。
ただ、これを逃したらthee michelle gun elephantをライブで体感することはできないと思い、ソッコーで申し込んでチケットをGETしました。
解散ライブは何度も何度も何度もDVDを観ているので、セトリも何が起こるかも分かってはいるんですけど、多くのthee michelle gun elephantファンに囲まれて楽しみたいですからね。

そして本日、横浜BAY HALLでの上映となりました。
横浜BAY HALLにほぼ満員近く入っていたので、1000人ぐらいいたんでしょうかね。
そんな仲間達とthee michelle gun elephantのラストライブを。
ライブの内容自体は変わるわけないので割愛しますが、それを観ていた我々はあの日その場にいるかのような、モッシュ、ダイブ、絶叫当たり前の普通のライブ状態でした。
実は、待ってる間のBGMもあの日流れていたBGMと同じだったとか。
本物は目の前に立っていないけど、あの日の一員に加われた気持ちに。
そして、「ジェニー」が終わった後ぐらいから目に涙が浮かび、「世界の終わり」でもう涙腺完全崩壊。
あぁ、もう終わってしまうんだなぁと。
最後のアベの「サンキュー」に、会場全体からすすり泣きが聞こえました。
終演後、完全に泣き崩れている人も。
あれから6年経ってるはずなのに、この影響力。
やっぱり、thee michelle gun elephantは20世紀最強のバンドと言っても過言ではないです。
この終わってしまったやるせなさをタダスケ兄貴にメールしたら

「俺らがアベを・・・、TMGEを忘れなきゃ世界は終わらねぇよ」

とのお言葉が。
そうですよね。
この言葉を、thee michelle gun elephantを、アベフトシを胸に秘め、明日から頑張って生きていきましょう。

バイバイ、ジェニー。
バイバイ、ダニー。
バイバイ、ビリー。
バイバイ、ケリー。
Thank you Rockers!
I love you Baby。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック