FC2ブログ
不良会社員の「剛は柔を破壊する」戯言
2008年08月31日 (日) | 編集 |
20080830 005 20080830 004 20080830 002 20080830 001

行ってきました、今年最後の夏フェス「SWEET LOVE SHOWER 2008」。
この超大雨の中、山梨県は山中湖くんだりまで。
でも、バスに乗って出発した横浜は大雨でしたが、だんだん会場に近づくにつれて雨が弱まってくる。
そして、会場に着いた時には富士山も見える状態(写真1枚目)。
というか、会場到着予定は9時台だったはずなのに、会場に到着したのは余裕で8:15くらい。
予定よりも1時間早いよ。
まぁ、早く着くのは別にいいんですけど。
開場を待つ間、天気は雨が降ったり止んだりとかなり不安定。
一応、カッパも用意していたんですけど、どうせ汗でシャツがビシャビシャになるんだからカッパは着ないことを決意。
男なら雨に濡れてナンボですからね。

そっから30分程して開場(写真2枚目)。
向かうは勿論グッズ売り場。
毎回毎回、よくそんなにグッズを買うよねって聞かれますけど、やっぱりこういうイベントに参加したって形を残したいじゃないですかねぇ。
ということで、がっつりTシャツやらグッズを購入し、買ったばかりのシャツに袖を通して戦闘準備完了!
荷物をクロークに預け、いざ戦場へ。
今回の戦略はかなり頭を悩ませましたが、やっぱりLAKESIDE STAGE側を中心に攻めようかなと。
ということで、LAKESIDE STAGE1組目の10-FEETに備える(写真3枚目)。
せっかく予習していたOPENING ACTのSpecialThanksは、もう1つのステージであるMt.FUJI STAGEでしたね。
Mt.FUJI STAGEでOPENING ACTが始まってしばらく経ってたので、こっちの前の方はそんなに空いてないのかなぁと思っておりましたが、意外にそうでもなくすんなり前方を確保。

さぁ、やってまいりました。
本日の1組目、10-FEET!
PUNKSPRING以来、今年2度目です。
とはいえ、前回は後半3曲しか見れなかったため、今日は気合い充分です。
メンバー全員、律儀にSPACE SHOWER TVのタオルを掲げ入場!
一気に会場のボルテージは上がりまくりで熱気ムンムン。
そんな熱気の中、「STONE COLD BREAK」でスタート。
そっから「VIBES BY VIBES」「JUST A FALSE! JUST A HOLE!」とアゲアゲな曲が続いていく。
さらに、「JUST A FALSE! JUST A HOLE!」の曲中に恒例の観客ウェーブを実施。
みんな、思い思いにタオルを振り回しながらのウェーブで盛り上がりはどんどん上昇。
その勢いのまま、「U」「goes on」と続いていく。
と、ここでTAKUMAが「日常的な毎日も、自分でいくらでも非日常にできるよ」とMC。
これはこの前のマキシマムザ亮君の「1UPキノコ」の話に通じるものがありますね。
「1UPキノコ」の話はホルモンの公式HPで確認していただくとして、「雨降ってた方が一生の思い出になるやろ!一生に思い出にするぞ!」と「river」「2%」で畳み掛けてくる。
いや~、この2曲は何度聴いても泣けてきますね。
心に熱く響いてきます。
最後に「4REST」で叫びまくって終了。
やっぱり10-FEET楽しい。

続きまして2組目、Superfly。
勿論、初見です。
登場するなり、会場全体から「かわいい~」の声が。
うん、かわいい。
かわいい。

・・・。

めっちゃめちゃかわいい~!
ついでに、ベースの女の子もかわいい~!
もうホントになまらめんこいですよ。
でも、そんなかわいさだけではなく、あの声量はホントに見事。
生で聴いてもあの声量は変わらないっていうのが凄い。
そんな声量なもんだから、1曲目の「Hi-Five」から早くも圧倒されまくり。
いきなり骨太の曲からきたもんだから、やっぱりこういうロックフェスっていうの意識してるんでしょうかね?
と思いきや、「マニフェスト」でだんだんとSuperflyの世界観というかペースに引き込まれてくる。
そうなってくるとSuperflyの独壇場。
「Oh My Precious Time」「愛と感謝」「嘘とロマンス」で会場は一気にほんわかと。
まぁ、「SWEET LOVE SHOWER」と「SWEET」の名を冠しているだけに、こういうほんわかな雰囲気もいいんでしょうな。
心なしか、観客みんなの顔もほんわか笑顔になってたような。
そんなほんわかしてた中、この日のパワープレイにもしてた「How Do I Survive?」でまたもやパワフルに。
そして、最後は勿論「愛をこめて花束を」。
一度はこの曲を生で聴いてみたかったとは思ってましたが、想像していた以上に良かった・・・。
CDで聴くよりも遥かにいい。
文句無し。
周りには泣いてた女の子もいました。
いや、これは俺でも泣くわ・・・。
歌姫ってこういう人のことを言うんでしょうね。
何か幸せな気持ちが一杯になったライブでした。

そんな幸せな気分で迎えるは、3組目のホルモンちゃん。
サマソニ以来、今年3度目。
てか、なんてぇ順番だよ・・・。
Superflyの後って何だかメリハリありすぎだし、そもそも13時台にホルモンってこの後のヤツらを見る体力をここで使い果たせというのか・・・。
と、Superflyが終わった後、目の前が空いてたので何の気無しにそのスペースへ。

・・・1番前。

初の1番前。
あららら、いいのかしら?
ということで、想定外です。
まぁ、こうなりゃ楽しんでやりますさ。
そんな1番前でチューニングを眺めてたら、スタッフに混じって亮君と上ちゃんが普通にチューニングしててビックリ。
そして、雨がどんどん激しくなる中、あのSEが鳴り響きます。
そうなれば、いつものように圧迫が激しくなります。
でも、今回は前に誰もいないから前半分は自由なので腕も振り放題、ヘドバンもし放題。
今日もやっぱり「『F』」の「あの言葉」からスタート。
しょっぱなから全開で叫びまくり。
そして、ここぞとばかりヘドバン全開。
いいねいいね、おもろいやんけ。
いつも以上に楽しさがこみ上げてくる。
んで、MCでの「この雨はSPACE SHOWERが一番を金をかけた特殊効果だ!」トークに大爆笑。
今日もMCが冴えております。
そんな雨にやられながら、「その熱きシミを残したまえ!」と「シミ」。
もうここで「シミ」がくんの!?と驚きましたが、盛り上がるしかないでしょう。
「♪夕凪五月雨の~」のところで亮君がみんなを煽ってたのは、何となく意外だったかなと。
その後、定番の「What's up,people?!」、「SWEET LOVE SHOWER」の「SWEET」つながりで「恋のスウィート糞メリケン」。
「恋のスウィート糞メリケン」を生で聴けて嬉しい~。
しかし、ダイスケはんは雨が止むための祈祷、ナヲはSuperflyとヘアバンドの奪い合いをするために次でラスト。
しかも、「恋のおまじない」がナヲの説明無しの超短縮バージョン。
そんな「恋のおまじない」からの「恋のメガラバ」で1番前は踊りまくり。
ステージ脇で見ていた10-FEETも、勢いあまって踊りながらステージ上に出てきちゃってたり。
あぁ、これで終わりかぁ・・・と思いきや、そっからオイオイ攻勢は止まらず、そのまま「握れっ!!」へ。
ラストは「メガラバ」よりもこっちの方がすっきりする気がする。
「握れっ!!」で今度こそ終了。
う~ん、ホルモンで30分は短すぎだな。
とりあえず、1番前で見れたから満足。

んで、次の9mmまで若干時間が空く。
その間、隣のMt.FUJI STAGEでは、SPECIAL OTHERSが演奏しているのが聴こえる。
「AIMS」とか「Laurentech」とか、やっぱりいいよなぁ。
超楽しそうだ。

んで、9mmもチューニングを始めたんですが、こちらもメンバー全員が出てきてチューニングを行い、そのままセッションまでしてくれた。
その光景に、思わず観客から拍手が。
ボーカルの菅原が「これチェックだから。もうちょっとしたら出てくるから」と言って舞台袖に引っ込んだ1分後、4組目、9mm Parabellum Bulletの登場!
NANO-MUGEN以来、今年2度目。
「Discommunication!」と菅原が叫び、1曲目「Discommunication」からスタート!
そのまま一気に「Supernova」へと続いてく。
今日も9mmのライブパフォーマンスのカオスっぷりが炸裂してます。
そりゃ俺も頭をグルングルン回してヘドバンしてます。
あ、まだ1番前にいます。
そのカオスぶりは止まることを知らず、「Wanderland」「Psychopolis」「The World」と暴れっぷりに拍車がかかってくる。
滝のギタープレイは狂気を増し、中村のデスボイスシャウトで狂喜乱舞。
そんななか、菅原が「こっから先は晴れるしかないから。こんな陳腐な言い方しかできないけど最後まで楽しんでいってください」とMCした後、新曲の「Living Dying Message」。
この新曲を聴く限り、新アルバムはかなり期待できそうだな。
そして、定番の「Talking Machine」「Punishment」「sector」で一気に駆け抜け、あっという間に9mmの出番が終了。
ホント、一気に駆け抜けた感じだなぁ・・・。

続きまして、ストレイテナー。
こちらも、NANO-MUGENに続いて今年2度目。
やっぱりテナーは女性に人気ですね。
最前線には女性ばっか。
そりゃ、ホリエ君やシンペイはカッコいいですからね。
ひなっちは・・・、野郎共の味方です。
そんなこんなで、「ALIBI」「PLAY THE STAR GUITAR」でゆったりとスタート。
そこから「DISCOGRAPHY」で火をつけ、「BERSERKER TUNE」で徐々に盛り上がり、「KILLER TUNE (Natural Born Killer Tune Mix)」で一気に大爆発!
毎度毎度、「KILLER TUNE (Natural Born Killer Tune Mix)」の爆発っぷりったらないね。
そして、ひなっちってベースであの音を出してるんでしょ?
よくあの音を出せるなぁ。
シンペイはいつものようにドラムの上に立ってアピール。
そんな姿を見て笑いながら、ホリエがキーボードを弾きながらの「SIX DAY WONDER」でまったりと。
一度まったりとさせておきながら、「Melodic Storm」「TRAIN」で勢い再加速で一気に駆け抜け終了。
テナーも物凄い勢いで駆け抜けてったなぁ。
NANO-MUGENの時とほとんど同じセットリストでしたけど、まぁ楽しめました。

ここで、Mt.FUJI STAGEに移動しBOOM BOOM SATELLITESを見ようとしましたが、若干小腹が空いたのでまずはフードコーナーに。
一緒に行ってた友達は佐世保バーガーを購入してたのですが、優柔不断な俺は食べたいものを決め切れず、どうっすかな?と思ってたらBOOM BOOM SATELLITESのステージから流れてくる曲を聴いた友達が、

「あ、この曲知ってる」

と言うもんだから耳を澄ましてみると・・・、あ~!これ、1番聴きたかった「PILL」じゃねぇか!
フードは後回しにして一目散にMt.FUJI STAGEへ向かうものの、到着した瞬間に次の曲へ。
いや~、ここで俺の優柔不断がアダとなるとは・・・。
傷心状態でそのままBOOM BOOM SATELLITESを見ることに。

・・・凄すぎる。

Mt.FUJI STAGEもLAKESIDE STAGEに負けず劣らず盛り上がっておりましたが、そこだけではなく俺らみたいに脇で見ていた人達も全員ノリノリ。
雨が強くなろうがお構い無しに、会場全体バケツをひっくり返したかのように踊り狂いわすわな。
そして、ステージ上のBOOM BOOM SATELLITES自体も、こういう表現が合ってるのかどうかわかりませんがキレキレだったような。
あのキレキレでの圧倒的なパフォーマンス、ダテに世界で戦ってるわけじゃないですね。
言葉に表せないぐらい、圧倒的な音楽に飲み込まれ打ちのめされました。
「PILL」を聴けなかったのは残念だったけど、「MORNING AFTER」が聴けたから良かったかな。

さぁ、オーラスは東京スカパラダイスオーケストラ。
Mt.FUJI STAGEからの観客も合流し、LAKESIDE STAGEは人が溢れ返ってありました(写真4枚目)。
そして、サウンドチェックしている時の曲が「崖の上のポニョ」とこの時点から遊び心満載。
こりゃ、楽しませてくれるに違いない。
今日最後の力を振り絞って踊りまくるしかないですね。
そんなスカのパーティーが「(We Know It's) All or nothing」で幕開け。
思えば、最近こういうスカミュージックって聴いてないなぁ。
久々に聴いても、自然と身体が動くもんですね。
ここから「TONGUES OF FIRE」「A Song For Athletes」「964スピードスター」と新アルバム中心の選曲が続く。
そしてそして、ついにあの瞬間が・・・。
「1、2、3、4!」のカウントからの前奏。
こ、この前奏は・・・、俺が前々から口酸っぱく言ってるぐらい大好きな「ルパン三世'78」がキターーーーーー!!
何度も何度も言いますが、スカパラの「ルパン三世'78」は最強だと思っておりまして、これを生で聴けるなんて・・・地球に生まれてよかった~!(山本高広風)の感動ですよ。
そんな俺のテンションの異常な高さが今まで見たことなかったぐらいに異常だったらしく、友達は完全にドン引きしてました・・・。
その後、ドラムソロからの「Perfect Future」で会場を一気に大人のムードへクールダウンしつつ、「White Light」「Pride Of Lions」で再び盛り上げる。
この緩急のつけ方もうまいね。
さすがスカパラ。
あとはとりあえず踊っとけといわんばかりにみんな踊り狂い、盛り上がりが最高潮のまま終了。
オーラスでオーディエンスのテンションをここまで最高潮に上げられたらそう簡単に熱は下がるわけなく、アンコールへと。
アンコールは「Come On!」。
気がつくと、最初からアンコールまでただただ踊りっ放し。
ただ踊ってるだけでも自然と笑顔になる。
そんな充実感、幸福感をたっぷり味わい、SWEET LOVE SHOWER 2008の1日目が無事に終了。
いや~、非常に濃密で非常に楽しいイベントでしたわ。
できれば2日目も参加したかったんですけど、さすがにね・・・。
唯一の心残りは、最後にこの日一日の写真が会場のモニターに映し出されたんですが、その時の写真であと1人横にずれていれば俺が写ってた写真が・・・。
あれは悔しいなぁ。
まぁ、1番前ではしゃいでいたので、SPACE SHOWER TVの放送ではどっかに映っているかもしれませんので、探したい人は探してみて下さい。

あぁ、ピンクカーペットと逃走中、そして開幕したリーガ・エスパニョーラを見ながら書いてたらこんな時間に・・・。
今日が日曜で良かったわぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック