不良会社員の「剛は柔を破壊する」戯言
2008年02月25日 (月) | 編集 |
詳しくはこちら

「味が濃いものの麺×味の薄いスープは合わない(逆もしかり)」ってのは、カップラーメンに限らず、本物のラーメンでも当たり前のことかと。
濃いスープに細い麺だと味がくどく感じるし、逆に薄いスープに太い麺だと麺ばっか主張してきてスープの味が消えちゃうし。
その各々のスープに合わせて麺を作らないと、味がアンバランスになりますからね。

結果、日清最強というのを証明しましたね。
ダテにカップラーメン界でシェア1位を誇ってるだけあります。
個人的に一番好きなカップラーメンは「ホームラン軒」。
あの麺は最強。
カネボウが食品業から撤退した後、カトキチがホームラン軒を復刻させたみたいですが未だ食べられず。
味は変わってないのかしら?
コメント
この記事へのコメント
僕も「カップラーメンはやっぱり日清だろう」と
長らく思っていましたが最近は
エースコックの「飲み干す一杯 坦坦麺」に
はまってます。

ラベルには

「うまさのひと工夫」「深煎り練り胡麻」「コクと深み!」の「液体スープ」を「熱湯を注いだ3分後に
”後入れ”してください」

とメーカーも気合が入りまくってます!(^^:

実際、中々いいコクが出とります

2008/02/26(火) 05:57:07 | URL | チャミ #-[ 編集]
ほぉほぉ
やはり、各メーカーも「打倒日清」を掲げて頑張ってますからね。
今度見かけたらチェックしてます。

とはいえ、最近カップラーメンが値上げされまくってるから、値段を見ただけで買う気力が失せてしまったり。
2008/02/26(火) 09:20:14 | URL | かもきゅーぶ #CakdYXes[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック