FC2ブログ
不良会社員の「剛は柔を破壊する」戯言
2008年01月07日 (月) | 編集 |
結局、仕事中はテキスト速報で結果を確認するのみ。
んで、家に帰ってきてから再放送で試合内容を確認。

前半は、東福岡の攻撃のテンポが良かったのか伏見工の守備がズタズタにされてましたね。
そんだけ守備がズタズタだと、伏見工はなかなか攻撃に転じることができるわけもなく、東福岡のリードで前半終了。
伏見工はFWにこだわりすぎな感もありましたが、後半にはようやく伏見工らしい突破が見られ、いよいよ攻撃のリズムを掴んできたかと思いましたが、苦し紛れのパスや展開が目立つようになり最後のツメがいまひとつ。
それだけ東福岡の執念が強かったのかもしれませんが。
ということで、伏見工の猛攻を耐え切った東福岡が悲願の初優勝。
まるで、春に桐蔭に負けてからここまでのストーリーが出来てたかのようなドラマチックな優勝。
おめでとうございます。

まぁ、これで近畿勢の優勝を阻んだことにはなりますが、まだまだ西高東低なのかなぁと思ったり。
コメント
この記事へのコメント
伏見はラインアウトが厳しかったですね
敵陣ゴール前でもとられてたし・・・
去年の大学選手権決勝(早稲田-関東)といい、これからはラインアウトがキーですね
2008/01/08(火) 12:51:12 | URL | ゆう #-[ 編集]
ラインアウトだけでなく
攻め方が何か単調で、そのうえ敵陣で自滅するというパターンが多かったかなと。
あとは、プレーを切らせたくないのはわかりますが、雑というか苦し紛れのパスが目立ったかなと。
まぁ、基本的なプレーがちゃんと出来てたに越したことはないんですがね。
2008/01/08(火) 18:27:01 | URL | かもきゅーぶ #CakdYXes[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック